2017.06.18 (Sun)

    なんちゃってしぜんかがく〜雪篇〜

    lapintimes.gif

     
     

     


    こんにちは~!

    ピアノの笠井です☺️




    年が明けましたね~!✨️

    (気付けばもう1月が終わりそうですが…笑)


    今年のお正月は、
    元旦から初日の出を見たり初詣に行ったり、と
    楽しく過ごしておりました(^^)✨️




    そして、
    お正月含め、今年の冬はなんだか
    少し暖かいなぁ~と思っていたのですが…


    最近急に、
    と~っっっても寒くなりましたね~(°°)!🍃


    わたしは、最近の この気候で
    寒いのが平気だということを改めて実感…というよりは、

    平気 を超えて、
    何故かちょっとウキウキしちゃってます!♪(笑)



    この寒さで岡山にも珍しく雪が降ったりなんかもして、、


    こういう普段とはちょっと違う出来事❄️が起きると
    自分自身まで普段とは違う気持ちになったりして
    新鮮で、そして新しい発見もあったりして…!
    なんだかもうわくわくが止まりませんねっ(*^○^*)✨️



    ちなみに、、、
    犬が雪を見て喜ぶのも非日常的な出来事、変化を好む性質があるからのようです(⌒▽⌒)🐾
    (もちろん、わたしは人間です)






    そしてそして、みなさん!


    突然ですが、ここで問題ですっ!(笑)


    『雪の結晶』というと
    この有名な→『❄』の形 1種類だけだと思われがちですが、
    実際に空から降ってくる雪の結晶には
    実はもっとたくさん種類があるのです✨
    さて、大きく分けて何種類あるといわれているでしょう~っ???



    突然のシンキングタ~イムスタートっっ

    【♪シンキングタイムBGM♪
    ♭みー♭し♭らそーふぁ♭みふぁー♭しー(ウン)♭しー
    ♭らそふぁ♭みれー♭らー♭らーそ~
               (なんの曲でしょうっ笑) 】




    それでは!正解を発表いたします!


    正解は…










    「35種類」









    はい!
    これ、ブルゾンちえみ(去年、「35億」が流行語大賞に選ばれた芸人さんですっ)を
    ご存知の方は、ブルゾンちえみ風に読んでくださいねっ!(笑)



    実はなんと35種類もあって、
    雲から地上までの温度や湿度で
    結晶の形や大きさ、複雑さが変わるようです!


    ただ、大きく分類して35種類 なのであって、
    雪の結晶に全く同じ形は一つもないともいわれています…!


    奥が深い世界ですね~!!!



    雪の結晶は、服や手袋についた雪をよ~~~く見てみると、
    肉眼でも綺麗な結晶を見ることが出来たりするので
    是非観察してみてください~☺️❄️



    雪が降る日はとても寒いので
    少し気分が上がりにくかったりするかもしれませんが、

    そんなときには、
    こういうときにしか発見できないことを探してみたりして、
    少しでも楽しい気持ちになることが出来ればと思います♪♪♪








    ただ、、



    これだけ寒さにウキウキしていたり、
    雪の話をたくさんしておきながら、


    結局はやっぱり、

    冬は暖かいお部屋に温かいこたつが一番だなぁ…💓

    と思う今日この頃…なのでした!(笑)



    みなさま、風邪にはお気をつけくださいね☺️





    それでは、最後に今年の初日の出を🌅✨



    素敵な1年になりそうです♪♪♪


    2018年もどうぞよろしくお願いいたします☺️

     

    テーマ : 習い事 ジャンル : 学校・教育

    01:26  |  【らぱんTIMES】  |  EDIT  |  Top↑
     | BLOGTOP |